夜行バスに向いている服装とは

ゆったりとした服装がおすすめ

夜行バスを利用すれば眠っている間に移動でき、時間も有効に活用できますし交通費も安く抑えることができます。
夜行バスでは座ったまま眠ることとなりますので、長時間も楽にいられる服装を選んでおきましょう。締め付けの強い服装を選んでしまうとエコノミー症候群のリスクもありますのでスリムパンツなどは避けたほうが無難です。
パンツ類はゆったりとしたタイプが楽ですし、女性の場合はロングスカートも寝ている間の足元が気にならないのでおすすめです。
素材としてはジャージやスウェットなどの伸びの良いものが向いています。下着も締め付けのあるタイプは長時間では苦しく感じることもありますので、下着も締め付けのない楽なものを選んでおきましょう。

シワになりにくい素材がおすすめ

夜行バスで長時間座るとなると、衣服にシワができてしまうこともあります。バスから降りたときにシワが目立つとせっかくの旅行も楽しめなくなってしまいますので、シワになりにくい素材のものを選ぶことがおすすめです。
さらに快適にバス内で過ごすためには温度調節ができることも大事ですのでカーディガンやパーカーなど、寒く感じたときに羽織れる衣服を用意しておくと良いでしょう。
足元も冷えやすくなりますのでレッグウォーマーなども用意しておきたいところです。
そして、靴もきついものだと足が疲れる、むくんでしまう原因となりますので、楽な靴を選んでおきましょう。バス内で過ごす際はスリッパがあるとより楽です。夜行バスによってはスリッパやひざ掛けなどが用意されていない場合もありますので、出発前には確認しておきましょう。

© Copyright Book Easy Bus. All Rights Reserved.